平成32年(2020年)に本県で開催される「第44回全国高等学校総合文化祭高知大会」の開催準備をすすめるため、平成29年6月13日(火)に高知県立高知丸の内高等学校で第2回開催準備委員会(北村強委員長)が開催されました。

 今回の委員会では、総合開会式でオリジナル・ミュージカルが上演されることや大会愛称、大会シンボルマーク、大会愛称ロゴタイプ、実行委員会と生徒実行委員会が組織されることなどが審議を経て承認されました。

 また、委員会の最後には、本年度50年目を迎えた高知県立丸の内高等学校音楽科の合奏と合唱が披露され、委員の感動を誘いました。

 次回、第3回開催準備委員会は平成30年1月を予定しており、その後、6月には高知県実行委員会が設立され、実施に向けた取組が推進されていくこととなります。


ロゴマーク&ロゴタイプ


開催準備委員会の様子


丸の内高校音楽科発表