器楽管弦楽

 9月15日(日)、土佐高等学校において4校(土佐、学芸、清和、岡豊)合同によるこうち総文器楽・管弦楽部門特設楽団「皿鉢オケ」の2回目の練習を行いました。この日は、大会テーマソング「繋ぐ」と皿鉢オケ用に編曲された「高知の歌メドレー」を録音。初練習からの約3か月間の課題を各校いずれもほぼ克服してきており、一段と前進できた合同練習となりました。現在は、11月9日(土)開催のこうち総文プレ大会総合開会式での演奏に向け頑張っています!

器楽・管弦楽部門

 9月7日(土)高知商業高校にて、器楽・管弦楽部門第5回生徒実行委員会が開催されました。主な議題は、佐賀総文の視察、出演、交流会PR等の報告が行われました。
 また、令和2年1月5日(日)に一般公開される高知総文器楽・管弦楽部門プレ大会【場所:高知市文化プラザかるぽーと/入場無料】の裏方としての各係の仕事内容の確認、交流会については参加者が楽しめる内容となるようなアイデアや意見が活発に交わされました。
  着々と準備が進むとともに生徒同士の絆も深まっています!

器楽・管弦楽部門

 72730、2020こうち総文器楽・管弦楽部門生徒実行委員会4名で2019さが総文器楽・管弦楽部門を視察しました。式典や各係の運営、そして全国各地から集まった各団体へのおもてなし等、2020こうち総文に向け多くのことを学びました。また、728の生徒交流会では次年度開催県として公式キャラクター「土佐なる子」とともに元気に登場!高知の自然、食、歴史、文化等をアピールし、全国の高校生から大きな拍手をいただきました。

閉会式 岡﨑 部門委員長

交流会本番中(次期開催県PR

交流会終了後

72829の2日間で開催された さが総文器楽管弦楽部門に高知県より土佐高等学校音楽部と高知学芸高等学校マンドリン部の2校が出場しました。両校ともにこの日の為に練習を重ねてきた成果を十分に発揮した素晴らしいステージでした。来年の2020こうち総文での更なる飛躍に期待できそうです!

土佐高校音楽部

学芸高校マンドリン部

 6月23日(日)、岡豊高校にて第4回 器楽・管弦楽部門 生徒実行委員会及び部門委員会を開催しました。主な議題はこれまで練り上げてきた7月28日(日)に開催される、さが総文交流会でのこうち総文PRについての最終確認と、プレ大会の役割分担等を協議しました。また、今回はこうち総文の公式キャラクター「土佐なる子」が応援に駆けつけてくれ、生徒も先生もテンションアップをしていました。

 遂に「皿鉢(さわち)オーケストラ」始動!2020年こうち総文に向け、器楽・管弦楽部門の4校(土佐高等学校音楽部、高知学芸高等学校マンドリン部、清和女子高等学校ハンドベル部、岡豊高等学校ギター部)合同による第1回練習会が6/8(土)、土佐高等学校にて行われました。

 世界初(?!)の楽器編成は、※皿鉢(さわち)の名に相応しく、思いもよらぬ魅力的なサウンドです!どうぞご期待ください。

 

※皿鉢(さわち)とは高知県で一般的に使われる、郷土料理の皿鉢(さわち)料理を指す言葉です。
 皿鉢(さわち)料理は刺身や寿司、かまぼこ、揚げ物など様々な料理が大皿に盛られた郷土料理で、
 高知では昔から祝い事や宴席で食される一般的な料理として知られています。

 

 6月8日(土)、土佐高校にて第3回器楽・管弦楽部門生徒実行委員会を開催しました。7月の「さが総文」では器楽・管弦楽部門で交流会が行われます。実行委員会ではこの交流会で発表する高知県のPR内容を検討しました。交流会当日はスライドを用いて、高知の魅力を存分にお伝えできるよう計画中です!

 さが総文、器楽・管弦楽部門交流会(7月28日・日曜日)での高知県の生徒実行委員会のPRにご注目ください。

 

 平成31年3月24日(日)、高知商業高等学校にて器楽・管弦楽部門第2回生徒実行委員会を開催しました。
 7月28日(日)2019さが総文器楽・管弦楽部門生徒交流会における次期開催県としてのPR内容について協議し、大会マスコットキャラクター「土佐なる子」とともに映像を活用した高知の魅力を全国の高校生にアピールする準備を進めています。今回は一段と団結力アップです!

 平成31年1月26日(土)、高知商業高校にて第1回部門生徒実行委員会を開催しました。
 生徒交流会の内容やおもてなしブースについて、高知ならではのアイデア出しを行いました。
 2020年本番に向けて大いに期待が持てる有意義な会となりました。