生徒実行委員会

 8月18日(日)、高知追手前高等学校食堂にて、第9回記録イベント委員会を行いました。
 午前中は、2019さが総文視察のまとめを行い、三県交流で話し合って見えた課題やその改善、2020こうち総文に向けて取り組みたいことなどについて話し合いました。
 午後には、記録イベント委員会の新委員長と新副委員長を決めました。私たち3年生はいよいよ引退なんだな、と深く感じました。
 私はずっと、記録イベント委員会の副委員長を務めていました。委員のみんなを引っ張りながら、委員長を支えてイベントを成功させていくことは、自分の成長に繋がったと強く感じています。後を継ぐ後輩達にも楽しく活動してもらいたいと思います。
記録イベント委員 田岡
 
 
 

 大会1年前の国際交流事業として、大韓民国の全羅南道、全南芸術高校の生徒さんを招へいしました。一行は7月21日(日)に来高し、高知龍馬空港にて歓迎セレモニーを実施しました。

 翌22日には伊野商業高校との交流会を土佐和紙工芸村等で実施し、伝統文化に触れながら交流を図りました。

 また、全羅南道と高知県の深いつながりのきっかけとなった故田内千鶴子さんの記念碑を訪問しました。

 その後、生徒実行委員会が企画した歓迎レセプションでは、高知中央高校ダンス部によるよさこい踊りや全南芸術高校のK-POPパフォーマンスで会場全体が盛り上がりました。

 7月23日には、韓国訪問団は高知県文化生活スポーツ部長を表敬訪問し、記念品交換などを行い、高知県からは高知工業高校建築科の3年生が製作した鳴子を贈りました。

 県庁表敬訪問の後には、伊野商業高校ツーリズムコースの3年生30名がハングルで高知城を案内し、高知県の歴史にも触れることができました。

 午後には、イオンモール高知1階南コートにて、2020こうち総文開催1年前PRイベントに参加し、華やかな衣装で創作舞踊を披露してくれました。他にも土佐女子高校による琴の演奏、梼原高校による津野山神楽の演舞などもあり、文化を通じた高校生の交流ができました。ステージ終了後、一行は国際交流委員会のメンバー8名と交流を図りました。

 全南芸術高校の生徒たちは、7月24日に高知を発ち、佐賀県で開催された第43回全国高等学校総合文化祭佐賀大会の総合開会式やパレードに参加しました。

 高知県内では、3日間という短い滞在期間でしたが、私たち生徒実行委員だけでなく、多くの高校生と交流できたことを大変嬉しく思います。

国際交流委員 加藤 燈

 7月14日(日)、高知城歴史博物館を会場に、第12回生徒実行委員会を行いました。初めての2期生との会議ともあって、まだ緊張した雰囲気でした。一緒にイメージソングを歌い、CM撮影を行いました。「高知家で待ちゆうき!」みんなで声を揃えて言ったときは、このメンバーでやっていけるか不安だった私の気持ちを一掃してくれました。元気な声が聞けてこのメンバーなら後を託せると確信しています。3年生たちも後輩へ繋ぐために一生懸命になってくれています。
 これからこのメンバー全員でワクドキを届けていきます!

生徒実行委員会
委員長 奥宮 健太

 

 7月23日(火)に、イオンモール高知1階南コートにて、2020こうち総文開催1年前PRイベントを行いました。
 生徒実行委員による大会イメージソング合唱や土佐女子高校による琴の演奏、梼原高校による神楽の演舞、韓国の全南芸術高校による伝統舞踊などが披露されました。
 日本音楽や伝統芸能、華やかな衣装に身を包んだ韓国の踊りなど、それぞれ素晴らしいパフォーマンスで、私たちや観客のみなさんを楽しませてくれました!
 このイベントを通して、2020こうち総文をより知ってもらえるきっかけになったのではないかと感じました。私たち3年生はもうすぐで引退してしまいますが、残りの任期もしっかり務めて、2期生たちに繋いでいきたいと思います!
 最後に、ご協力いただきましたイオンモール高知様、ご観覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。

【イベント内容】
PRブース(13:30~15:00)
・塗り絵
・缶バッジ制作体験

ステージ発表(14:00~15:15)
・大会イメージソング「繋ぐ」の合唱
・2020こうち総文PR
・土佐女子高校邦楽部による琴の演奏「焰」
・梼原高校ディスカバークラブによる津野山神楽の演舞
・韓国全南芸術高校による伝統舞踊
・生徒実行委員による韓流じゃんけん大会

大会イメージソング「繋ぐ」の合唱
土佐女子高校邦楽部による琴の演奏
梼原高校ディスカバークラブによる津野山神楽の演舞
韓国全南芸術高等学校による伝統舞踊

                        国際交流委員 森澤 奈々

 7月14日(日)に高知城歴史博物館にて、第8回記録イベント委員会を行い、第1期生と第2期生の顔合わせをしました。
 新しいメンバーも加わり、さが総文視察やイベントへの出演、記録イベント委員会の役割など、いよいよ約1年後に迫る本番に向けての話し合いができました!
 
                         記録イベント委員 小林
 
 

   国際交流委員会では、いよいよ721日に来高する全南芸術高校の生徒さんたちに、高知の魅力を伝えたいという思いで企画した、歓迎レセプションやイベントのリハーサルなどを行いました。今日から第2期生8名も加わり、総勢16名で頑張ります。

                                                                         国際交流委員会  三木 芽衣子
 
 
                         

  7月14日(日)に高知城歴史博物館で第7回パレード委員会を開きました。新たに2期生15名が加わりました。自己紹介の後、2県・3県交流の練習もかねて1期生がこれまでのパレード委員会の活動を説明をし、2期生から質問をしてもらいました。新しい視点にワクドキです。このメンバーで最高のおもてなしができるように頑張ります!(担当 久岡  実葵)

  

 7月14日(日)午後より高知城歴史博物館1階ホールにて、第7回広報デザイン委員会を開催しました。広報デザイン委員会では、7月28日(日)に予定されている和歌山県との二県交流会、佐賀県を加えた三県交流会に向けて今までの取り組みのまとめや、反省点を話し合い、佐賀県さんに質問したいことをみんなで考えました。また、今日は1期生と2期生が初めて対面する日で緊張していたのですが、みんなで話をしていくうちにすっかり打ち解けることができました。交流会では手際よく分かりやすく説明できるように、みんなで頑張ります!

広報デザイン委員会 長田

 

 7月7日(日)高知県自治会館にて、7月27日(土)に2019さが総文の総合開会式第2部で行われる二県交流ステージに向けて、佐賀県の生徒実行委員さんと一緒に当日の流れの確認や台本の読み合わせを行いました。
 インターネットを使用した遠隔での会議に、緊張しましたが、本番に向けて有意義な話し合ができまた。
 その中で「本番がすぐそこまで近づいてきている」と改めて感じ、一段と気持ちが高まりました!
 本番成功に向け、残りの期間、全力で頑張ります!

総合開会式委員会 森本 向日葵

 

 6月14日(金)、高知市文化プラザかるぽーとにて、イメージソング録音会、第3回高知県実行委員会、イメージソング披露、第2期生徒実行委員委嘱式、生徒実行委員概要説明が行われました。

 

第3回高知県実行委員会

 第3回高知県実行委員会では、各議事を行った後、生徒実行委員会の活動報告と今後の活動計画の説明をしました。その後、ポスター原画、イメージソング、マスコット愛称の最優秀及び優秀受賞者の表彰を行いました。イメージソングの披露では、知事に暖かいコメントを頂きました。

 おいでいただきました皆様には、生徒実行委員のこの日の活躍について暖かく見守ってくださり、ありがとうございました。

 

 

第2期生徒実行委員委嘱式

 第2期生徒実行委員委嘱式では、教育長から45名の新しい実行委員に委嘱状が手渡されました。委嘱された生徒の代表挨拶を聞き、頼もしい実行委員が増えることへの嬉しさ、これから率いていくことへの責任で、身が引き締まる思いでした。

 これから行われる2020こうち総文の本大会、プレ大会、その他カウントダウンイベントなど数々のイベントに向け、協力して準備し、ワクドキさせられる大会づくりをしていきたいと感じました。

 

 

第2期生徒実行委員への概要説明

 第2期生徒実行委員への概要説明は、推進室職員からの説明が主でしたが、実行委員会として第1期生徒実行委員長が行ったこれまでの活動報告を行った後、6つの業務別委員会の説明を各委員長が行いました。

これから始まる実行委員会の活動にむけて、真剣に説明を聞く第2期生徒実行委員は頼もしく感じられました。

総勢84人となった生徒実行委員会。縦と横の繋がりを大切にしつつ、高知らしい暖かい委員会をつくっていきますので見守っていてください!

 

 

報告: 植田 ちひろ
写真: 森岡 未来   

1 2 3 7