生徒実行委員会

 1月19日に開催した第12回国際交流委員会では、春野高校ALTのジェイムズ・ボートン先生に講師に迎え、語学研修を行いました。海外からの高校生との交流時に役立つ英語表現をたくさん教えて頂きました。楽しいゲームを交えて、新しい語彙や発音の練習をすることができました。
 また、シンガポールの学校へのメッセージブックも完成しました。事前に総文のことや高知県のことを知ってもらえるよう工夫して作成しました。

 国際交流委員会 委員 矢野 天雪 

 

 

 

 

 

 

                         

 1月5日(日)、高知県自治会館にて、開催200日前PRイベントに参加する生徒実行委員で集まって話し合いを行いました。
 3日間にわたって行われるイベントなので、各日ごとの班に分かれて、それぞれの役割について細かく確認や話し合いをしました。 
 200日前イベントに参加する生徒実行委員全員で、成功できるように精一杯頑張ります!

記録イベント委員 恒石 遥香

 12月22日(日)に高知城歴史博物館で第12回パレード委員会を開催しました。内容はプレ大会パレードの振り返りです。自分たちの振り返りシートや業務別協力校の高知学芸高校のアンケートを見ながら良かったこと・行き届かなかったことをまとめました。指示が明確でなかったり、係によって人数の過不足があったりしたので、これらのことを改善しながら本大会への準備を進めていきます。    

担当 竹本 万桜

 

 

 12月22日(日)高知城歴史博物館(1階ホール)にて、第11回広報デザイン委員会を開催しました。広報デザイン委員会では、これまでの活動のふりかえりや新しい缶バッチのデザイン、四コマ漫画の制作を行いました。来月に200日前イベントがあるので、それまでに新しい缶バッチを沢山作ってイベントの時に皆さんに受け取ってもらえるよう頑張ります!
 午後は高知新聞さんの取材があり、 今まで作ってきたグッズのこだわった所や、これからの目標、土佐なる子の魅力などを伝えました。新聞には私たちのインタビューと私たちが描いた四コマ漫画も掲載されるので、こうち総文を知っている人もまだ知らない人にも興味を持って見てもらえると嬉しいです!ぜひ見てください!!

広報デザイン委員会
副委員長 長田

 今日は龍馬マラソンでの缶バッチの図案を考えました。その後、200日前イベントで配布する缶バッチの制作をしました。久しぶりだったので作り方を忘れていたのですがすぐに慣れ、楽しんで制作できました。まだまだたくさん必要なのでこれからも大量生産していきます!

広報デザイン委員会
濱崎、森下、中田

 12月22日(日)、高知城歴史博物館にて第13回記録イベント委員会を開催しました。
 今日は、1月に行われる開催200日前PRイベントについて話し合いをして、役割分担や司会原稿などの確認を行いました。また、4月下旬に予定している開催100日前PRイベントの内容についても考えました。まずは開催200日前PRイベントを成功できるように頑張ります!!

記録イベント委員 小松 優愛紀

★開催200日前PRイベント『繋げよう高知を!~魅せて拡がるみんなの輪~』を1/11(土)~1/13(月)の3日間、中部、東部、西部のそれぞれの会場で開催しますのでぜひお越しください!!

 12月21日(土)に、とさのさと、アグリコレットで開催された高知県農業教育フェアにて2020こうち総文のPR活動を行いました!
 会場にはたくさんの方がきており、とても賑やかでした。チラシや缶バッジの配布、缶バッジ製作体験などのPR活動を行い、土佐なる子も会場内を歩き回ってたくさんの人に宣伝ができたと思います。
 チラシや缶バッジを配布するのはとても緊張しましたが、とても楽しいPR活動になりました!

記録イベント委員会 戸梶 綸乃

12月22日の国際交流委員会では、国際交流課 国際交流員のテオさんをお招きし、シンガポールの文化や歴史等について学びました。特に多民族国家の利点や課題が興味深かったです.シンガポールの英語もいくつか教えてもらったので、本大会での交流の場で使っていこうと思いました。2か国へのメッセージブック作りもスタートしました。

際交流委員会 副委員長 谷 ひとみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
                         

 12月8日(日)、高知県自治会館にて200日前イベントについて、役割分担やイベント内容の話し合いをおこないました。
 役割分担を決める際には、みんな積極的に役割希望を言ってくれたのですぐに決めることができました。生徒実行委員会企画の内容を決めるときには、参加者にこうち総文のことを知ってもらえるような企画にするために、いろいろなアイデアや意見を出し合いました。1月11日(土)~1月13日(月)の3日間、連続でイベントを行うことは初めてですが、成功させることができるように頑張ります!

記録イベント委員会委員長 前田 絵璃子

 11月24日(日)に第9回本部会を高知県自治会館で行いました。
 今回の本部会では11月9日(日)にあったプレ総合開会式、パレードの際に実施したアンケートなどを元に改善点をあげていき、来年の本番に向けた今後の各業務別委員会の取り組みについて考えました。
 また、コマーシャル作成、4コマ漫画連載、200日前PRイベントなどの話も着々と進んできており、総文についてもっと知ってもらえる機会が増えると思うと、とても嬉しいです。
 本番までの残りの期間、実行委員皆で協力していきもっとワクドキなこうち総文を創りあげていこうと思います!

総合開会式委員会 副委員長 森本向日葵

 

 11月17日(日)、ちより街テラスで行われたこうち子ども未来フォーラムに参加しました。
 このイベントでは各グループでひとつの課題について話し合い、それをまとめたシートを用いて発表を行います。
 私の割り振られたグループは、【私たちが考える次代の子どもたちの幸せ】について考え、子どもにとっての幸せは一体何で、どういうことをすれば子どもが幸せになれるかを話し合いました。子どもにとっての幸せは友達がいて、学校に行け、安心して生活できる環境があることであり、そのために親や周りの人がその環境を整えることが必要だという意見にまとまり、初対面でもみんなが意見を出し合える場でした。
 2020こうち総文の宣伝も兼ねて行きましたが、すでに多くの高校生に総文のことが認知されていて、これからは高校生以外のみなさんにもこうち総文を拡げていきたいです。

生徒実行委員会 委員長 出口 絢野

1 2 3 10