美術・工芸

 第44回全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)に係る宿泊に関して、より実数に即した宿泊先を確保するため、「宿泊・交通に関する意向調査」を行います。
 つきましては、下記の様式(ダウンロード)により、各都道府県高等学校(芸術)文化連盟経由でお知らせください。
 ご提出については、各都道府県高等学校(芸術)文化連盟の指示に従ってください。

〔注意事項〕

 ・本調査は「意向調査」であり、正式な申込みの手続きではありません。
 ・正式な申込みの手続きは、4月上旬に大会公式webページでご案内予定です。
 ・調査票は、現段階の予定で作成してください。
 ・提出後に予定の変更があった場合、再提出は不要です。
 ・囲碁、将棋、弁論、小倉百人一首かるた及び協賛部門の参加校は、提出不要です。
 ・参加校・参加団体ごとに作成してください。
 ・合同参加の場合は、まとめて代表校が作成してください。
 ・当大会の「宿泊等サポートセンター」の利用の有無に関わらず作成してください。

宿泊・交通等に関する意向調査票 (下記よりダウンロードして作成してください)

  宿泊・交通等に関する意向調査票 ( Excel形式 )

 

問い合わせ

第44回全国高等学校総合文化祭
高知県教育委員会事務局
高等学校課
全国高等学校総合文化祭推進室内

〒780-0870 高知市本町4丁目1ー35 高知県自治会館4F
電話: 088-821-2201
ファックス:088-872-6636

第44回全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)の「参加校推薦要項」、「参加校推薦書」、「参加校承諾書」を掲載いたします。

参加校推薦要項(PDF)
参加校推薦書(Excel)
参加校承諾書(Excel)

 11月の高校美術展では秋プレ大会として作品展示と本番を想定した交流会を行いました。11月16日(土)の「鑑賞交流会」では研修部チームが主体となってこれまで考えてきた交流内容を、生徒実行委員19名全員が各班の班長役を担い100名の参加者で実践しました。
 昨年の実践からさらに改良を重ね、参加者全員がより楽しめる時間になったと感じました。終了後も生徒実行委員一人ひとりから感想と「もっとこうした方がいい」というとても積極的な意見が飛び交い、改善点の共有ができました。美術・工芸部門全体が行事を通して着実に成長を見せているので、本番が楽しみになってきました。

美術・工芸部門
部門代表委員 越智 篤史

 8月20日(火)美術・工芸部門では開会式プレ大会を実施しました。
 部門生徒と担当校生徒(岡豊高校)が一丸となって会場設営と受付、オープニングアトラクション、開会式、記念講演、交流会等を行い、本番に向けた流れを確認することができました。
 夏季研修で制作した装飾も会場ホールを爽やかに彩り、来年に向けた完成形が見えたように思います。本番会場(高知ぢばさんセンター)を使用したことで、全体のスケール感を実感でき、また具体的な課題をたくさん見つけることができました。
 最後は全員で円陣を組み、「残り1年楽しみにしながら準備を進めていきましょう」と生徒実行委員長の市原さんが挨拶、さが総文視察から夏季研修を経てプレ大会へ、大変でしたが収穫の多い夏となりました。

美術・工芸部門
部門代表委員 越智 篤史