第7回本部会及び第14回生徒実行委員会を開催しました。

 9月15日(日)、高知丸の内高校にて第7回本部会及び第14回生徒実行委員会を行いました。
 本部会では、プレ大会に行われる総合開会式の係り決めと、各業務別の委員会の目線から佐賀大会を視察して、高知大会にどう繋げていくかの意見を出しあい、共有しました。係り決めで、本部のメンバーは沢山の人をまとめなければならない配置に着いたので、緊張感を持ちつつ、来年の本大会に向けて頑張りたいと思います。

生徒実行委員会 委員長 出口 絢野

 

 

 第14回生徒実行委員会では、11月9日土曜日に行われるプレ総合開会式の役割決めや「繋ぐ」の歌唱指導とダンス指導、9月29日日曜日に行われる300日前イベントの打ち合わせ等が行われました。
 プレ総合開会式の役割の多さや、関わる人の多さなどを見て自分たちが今まで体験したことがないほど大きな大会であることが改めてよくわかりました。一人ひとりの役割が責任を持って果たされた時にこそ運営がスムーズに行くと思うので、これからの準備において気を引き締めて行なっていきたいと思いました。
 「繋ぐ」の歌唱指導、ダンス指導では、ダンスの振り付けがパワーアップして難しくなっていたので覚えることに精一杯でまだうまく踊ることはできませんでした。
  300日前イベントの打ち合わせでは、司会原稿の読み合わせや、役割決めなどを行いました。いよいよ2週間先に迫ってきたので、きちんと準備をして成功させることができるように頑張ります!

記録イベント委員会 委員長 前田 絵璃子